The Misono Smart City Studio is a group of city planning and architecture students at Georgia Institute of Technology investigating one of Tokyo’s 2020 Olympics sites at Misono, a satellite town of Tokyo’s metropolitan region. We are focusing on how smart city technologies and tools such as 3D GIS, urban energy modeling, eco district certification such as LEED ND, IoT (Internet of Things), pervasive computing and big data can be incorporated in design processes to address those problems in the shaping of ecologically responsive, system resilient and human sensing urban environment. The Studio is collaborating with the Global Carbon Projects (GCP), National Institute of Environmental Studies (NIES) at Tsukuba Japan, the Department of Urban Engineering of the University of Tokyo, the Urban Design Center of Misono (UDCMi). The studio is being led by Dr. Perry Yang (Georgia Institute of Technology), Dr. Yoshiki Yamagata (Global Carbon Project and National Institute for Environmental Studies), and Dr. Akito Murayama (University of Tokyo).

Follow our progress through our blog posts:

 

美園スマートシティ・スタジオでは、ジョージア工科大学の 都市計画・建築の学生グループが、2020年の東京オリンピックのサイトの1つである東京の衛星都市・浦和美園の調査を行っています。3D-GIS、都市 エネルギー・モデリング、環境認証制度LEED-ND、IoT(Internet of Things)、パーベイシブ・コンピューティング、ビッグデータをといったスマートシティの技術やツールをどのように設計プロセスに組み込み、環境的に 適応し、システムとしてレジリエントで、人間の感覚と応答する都市環境を形成する上での課題に応えていくかに関心があります。本スタジオは、国立環境研究 所グローバルカーボンプロジェクト、東京大学都市工学専攻、アーバンデザインセンターみそのとの協力の下、Perry Yang准教授(ジョージア工科大学)、山形与志樹博士(国立環境研究所グローバルカーボンプロジェクト)、村山顕人准教授(東京大学都市工学専攻)を中 心に実施しています。

スタジオの進捗状況については、ブログ・ポストをご覧ください。

—–

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s